周辺情報のご案内

姫路周辺は、歴史の佇まいを未だに残す文化都市です。世界遺産にも指定されている姫路城は一度ご覧になってもらいたい名所です。

ビジネス拠点、播磨工業地帯の中心、緑豊かな街の広畑周辺のご案内をいたします。
広畑は、姫路駅や手柄山にも電車に乗ればすぐ近くです。
観光にも便利なビジネスホテルさきがけ本館~姫路周辺の路線地図と
『姫路城・姫路駅周辺』、『手柄山』、『広畑』についてのみどころをご紹介いたします。
ぜひ姫路の観光にお役立てくださいませ。

手柄山

手柄山中央公園

手柄山中央公園

手柄山中央公園は姫路の市街地中央に位置する、緑深い成熟した樹木と四季を通じて花壇を彩る花々に囲まれた、市民のオアシスです。
太平洋戦全国戦災都市空爆死没者慰霊塔を囲むようにして文化センター、低年齢の子供が楽しめる遊具が多いファミリー型遊園地、手柄山山上の水族館などがあり、老若男女を問わず、多くの市民に親しまれています。
遊園地では、年間を通してイベントを開催しており、春と秋にはキャラクターショーを実施。夏にはプールがオープンします。

姫路市立手柄山温室植物園

姫路市立手柄山温室植物園

姫路の中央に位置する手柄山公園の南山に昭和55年5月に開園した植物園。大小2つの温室には、サボテン、洋ラン、ベゴニア、食虫植物を中心とした熱帯、亜熱帯、砂漠植物等120科1,500種25,000株を展示しています。
また、当植物園は常設展示とベコニア展、洋ラン展、姫路市花さぎ草展、食虫植物展など、季節に応じたさまざまな企画展をとおして、市民に憩いの場を提供するとともに、植物に関する知識の普及を図っています。手柄山中央公園内の植物園だけではなく、植物園と手柄山中央公園の北山を結ぶ「ちぎり橋」を渡ると、芝生広場、サンクガーデン、和風庭園、バラ園、など花と緑に包まれた空間を散策することもできます。

姫路城/姫路城周辺

姫路城

姫路城

世界遺産・姫路城は、平成2年(1990)4月に(財)日本さくらの会による「日本の桜の名所100選」に選定され、全国でも有数の桜の名所として知られています。
城内にはソメイヨシノ、ヤマザクラ、シダレザクラなど約1000本が植えられ、見頃を迎えると、白壁や石垣、天守閣と桜が美しい景観を織り成します。
三の丸広場と西の丸庭園は特に桜の多い区画で、三の丸広場を囲む土塁はシーズン中“桜の堤”へと変貌します。4月上旬には「観桜会・お花見太鼓」の舞台となり、100面の琴の大演奏や和太鼓演奏が華やかに繰り広げられます。

姫路市立美術館

姫路市立美術館

姫路市立美術館は、姫路の文化の高揚と郷土作家の育成を担う美の殿堂として昭和58年開館しました。世界文化遺産・姫路城の東隣にあり、明治時代の建物(明治末~大正2年建築・旧陸軍第10師団の兵器庫、被服庫)を保存活用しています。夜間はお城と共にライトアップされ、昼間と異なった景観を見せています。
また敷地内には彫刻などが配置され、散策しながら、芸術鑑賞を楽しむことができます。館蔵品は、日本画、油彩、水彩・素描、版画、彫刻、工芸(東山焼・刀剣)など多彩なジャンルの作品を網羅していますが、特に19世紀末から現代に至る近代ベルギー作家のコレクションで有名です。

広畑

新日本製鐡(株)広畑製鐡所

新日本製鐡(株)広畑製鐡所

-- 製鐡所工場見学 --
鉄鋼製品の製造(熱間圧延ライン)の過程が見学でき、「鉄」という素材についての理解を深めることができます。概要説明、質疑応答なども行われます。小学生未満は見学不可。なお、視察には事前予約が必要です。